CHATEAU PALMER > 1993

出来のいいヴィンテージ。最初は少し硬い感じだった タンニンがやっと柔らかくなり始めました。
ヴィンテージ情報をダウンロードする
ヴィンテージの特徴

夏は日照が少なく、乾燥した日が続き、7 月は涼しく、8 月は暑かったのでブドウ畑にもブドウの成熟にも良い結果が得られました。ところが9 月の激しい雨のせいで収穫期が遅れ、又、気温が低くなったために、ブドウの実が充分大きくなれませんでした。それでも得られたワインは果実の味が濃厚で豊潤、しかも柔らかくバランスがとれています。

収穫:[開始日] 1993年09月23日 [終了日] 1993年10月06日

アッサンブラージュ

カベルネ・ソーヴィニヨン: 52%
メルロ: 41%
カベルネ・フラン: 7%

熟成可能年数

2015+. 飲み頃.

テイスティング

Enrico Bernardo, 2011年12月01日 :

透明感のあるガーネット色。
ブーケは濃密で開いており、とても女性的。 バラ、フランボワーズのゼリー、セージ、ターメリック、そしてスモーキーさが香る。
味わいは軽快で、全体が上品にまとまっていてスムースに飲め、口に含んだ途端に幸せを感じるワイン。

Georges Lepré, 2009年02月04日 :

鮮やかなガーネットの色調にはまだ若さが残っている。

十分開いた香りからは、黒系果実、核果、スパイス、シダ、スモーク、森の下草のニュアンスが伝わってくる。

果実味が見事な芳醇な味わい。シルクを想わせるタンニンの構成、上品な新鮮味。困難な年にかかわらず、上品さと本来の持ち味がしっかり表れている調和のとれたワイン。控えめな熟成で、厳選した葡萄の個性を損なうことはなかった。

優秀な成績で卒業したワイン。2017年以前に楽しみたい。

プレス評

www.verema.com, Gonzalo Lainez、 2004年10月01日
« Catado en Riedel Vinum Burdeos. Lo primero que sorprende es el color del vino, lleno de irisaciones granates y con una capa alta. En nariz se muestra tímido, con bastantes tostados, cedro, y sobre todo especiados y balsámicos pero con la fruta por llegar. Tras dos horas la fruta aparece como nos gusta, fruta fresca en sazón, ni rastro de dulzores y, lo mejor, un componente mineral impresionante. En boca es redondo, aunque sin mucha ampulosidad. Al día siguiente aún se mostró mejor, con fruta roja y negra algo más madura pero no acompotada y elegante por doquier, ni rastro de oxidación.  »

Thuries Magazine, Guy Carriere、 2002年09月01日
« Superbe surprise dans ce millésime difficile. Rubis légèrement tuilé. Bouquet complexe agréable, un brin végétal puis sous-bois, chêne, menthol, fumée... En bouche, c'est l'élégance avec une trame veloutée, une belle chair et des notes de sous-bois dans un ensemble long. A déboucher sans se presser.  »

La Revue du Vin de France, Pierre Casamayor、 2002年02月01日
« Un nez un peu mentholé, avec des notes poivronnées mais élégantes. La bouche s'est bien lissée. Charmeuse, elle ne possède pas une grande matière mais une complexité finale attrayante. On peut l'ouvrir.  »

Guide des Vins 2002 des Sommeliers、 2001年07月01日
« Robe limpide, rouge vif aux reflets griotte. Nez d'une grande complexité et d'une belle fraîcheur aromatique, dominé par les fruits rouges, les fleurs et les épices. Bouche ronde et bien équilibrée, avec des tanins souples. Finale sur la réglisse et le boisé. Belle réussite pour le millésime : les tanins et les arômes sont équilibrés et laissent une impression de fraîcheur et de netteté. Un vin totalement ouvert, issu de cabernet-sauvignon et de merlot complétés d'une pointe de petit verdot.  »

ヴィンテージ

閉じる