CHATEAU PALMER > 1992

今既に魅力あふれる美しいワイン
ヴィンテージ情報をダウンロードする
ヴィンテージの特徴

この年はことのほか湿気が多く、特に暑くて雨が多かった8 月のせいでカビ類の病気に冒されるおそれが非常に高まりました。しかし、9 月は乾燥しブドウの熟成に好都合でした。収穫時は雨・太陽・寒さが交々入れ替わる中で行われたため、ブドウの実が完熟に達するのに困難を伴
ないました。

収穫:[開始日] 1992年09月28日 [終了日] 1992年10月12日

アッサンブラージュ

カベルネ・ソーヴィニヨン: 50%
メルロ: 43%
カベルネ・フラン: 5%
プティ・ヴェルド: 2%

熟成可能年数

2015. 飲み頃.

テイスティング

Enrico Bernardo, 2011年12月01日 :

これより若い1993年、1994年より薄い色調で、レンガ色がかったガーネット色。
アニマル系の香りは閉じていて、トマトのコンフィ、コリアンダー、ワックスのニュアンスも。
口に含むとバランスの取れたライトボディで、焦点が定まった余韻はフレッシュ。

Georges Lepré, 2009年02月04日 :

ディスクにオレンジ色のニュアンスを持つ鮮やかなルビー色。

非常に開放的で、黒系果実、ドライフルーツ、コショウ、シナモン、皮革、コケ、甘草などが感じられる。

口に含むと、タンニンの落ち着いた質感、美しい果実味、繊細な新鮮味がソフトにやってくる。心地よいおいしさを保つ程度にソフトに持続してゆく、バランスの良い控えめなワイン。

2015年以前に楽しみたい。

プレス評

Wine Magazine、 2002年05月01日
« " Tobacco and cigar-box aromas, hints of creamy summer fruits." TF
"A well structured, complex wine. Spicy, cedary notes on palate. Inky." LW »

La Revue du Vin de France, Pierre Casamayor、 2002年02月01日
« Un nez plutôt ouvert, avec des notes de tabac blond, de menthe, de cuir et de fruits cuits. La bouche est légère avec un déficit de concentré mais une réelle amabilité aromatique. A boire, pour le plaisir immédiat.  »

Divo、 2000年11月01日
« Assemblage : Cabernet Sauvignon 48%, Merlot 46%, Petit Verdot 6%.
Robe noire à la frange épaisse bleutée. Nez réservé, fermé, pur, profond, aux arômes de fruits noirs tirant sur le réglisse.
Bouche pleine, charnue, à la texture serrée, dense, musclée, sur des tanins abondants fermes et enrobés, légèrement granuleux ; belle persistance sur des notes réglissées.
Vin charnu et racé au très bon potentiel de vieillissement. Garde probable : 20 ans. »

Party for a dear friend, Nerval、 1999年09月01日
« Received this bottle as a gift from a dear friend a couple of days before her long journey, and decided to open it for her. Dark ruby in the glass, with no signs of ageing. Soft, delicately perfumed nose that shows vanilla, raw meat, red berries, a bit of smokiness and lead pencil. On the palate it is a light-bodied wine with not tannins to speak of, a red berry profile packed with chocolate aromas, and a fair amount of sweetness. Lowish acidity.

Despite the vintage I found this to be a very drinkable, quite enjoyable wine, with astonishing ripeness for a 1992 and no sign of astringency. May be it was just a certain lean character on entry or real depth of taste and complexity that made it weaker than other vintages. A fnie wine that delivers typical Bordeaux aromas and real character, even if it lacks some magic. »

ヴィンテージ

閉じる