CHATEAU PALMER > 1991

気品があり円熟したワインは常に驚きをもたらす。
ヴィンテージ情報をダウンロードする
ヴィンテージの特徴

このヴィンテージでは4 月21 日に1945 年以来の最も壊滅的な寒波に見舞われました。この寒波のせいで、地方によって収穫量の20%~80%の損失がありました。それに加えて、収穫時期に激しい雨が降り、残りのブドウの実の完熟を妨げました。こうした難しい状況だったので、果実の味がよくしっかりとした、構造のあるワインにするために、ブドウの実の選別は極度に厳しく行われました。

収穫:[開始日] 1991年09月30日 [終了日] 1991年10月10日

アッサンブラージュ

カベルネ・ソーヴィニヨン: 58%
メルロ: 36%
カベルネ・フラン: 4%
プティ・ヴェルド: 2%

熟成可能年数

2020+. 飲み頃.

テイスティング

Enrico Bernardo, 2011年12月01日 :

レンガ色がかったガーネット色。
香りは濃厚で開いており、キノコ、スー・ボワ、艶出しワックス、セップ茸、トリュフ、湿ったカーヴ、野生ベリーのジャムのノート。
味わいは上品でエレガント、繊細で女性的。 余韻では花と、グロゼイユのジャムが感じられる。
情熱的なミレジムで、飲む人を魅了する。

Georges Lepré, 2009年02月04日 :

非常に凝縮感のあるルビー色。

非常に表現力豊かで、カシス、ブラックベリー、スパイス、フレッシュミント、カカオの芳香が広がる中に、フローラルや麝香のニュアンスも感じられる。

完熟した果実と舌触り、味共に見事なタンニンが影響し合い、非常に柔らかなタッチに仕上がっているのが特徴。新鮮味も特徴として出ているが、ワインのバランスを損なうことなく、むしろ全体的なハーモニーを高めている。長い余韻には、さわやかなフローラルのニュアンスが感じられる。

口に含んだとたん、ダイレクトに思いがけない歓びが伝わってくるワイン。困難な条件で、葡萄を徹底的に選別したからこそ救われたヴィンテージといって良いだろう。教訓として憶えておきたい。
2020年までに飲んでおきたいワイン。

プレス評

Wine News, Abraham Horowitz、 2004年04月01日
« Dense garnet hue with a tint of orange at the rim. Powerful scents of sweet tobacco, cedar and wild cherry. Velvety tannins and ripe flavors of Bing cherry, brown sugar and soy sauce. Layers of leather, oak, orange rind and smoke in the ethereal close.  »

Prestige, Jen Shek Voon、 2004年02月01日
« The Wine was the surprise of the evening's tastings because in the evening of April 21, 1991, the vineyards suffered their severest frost damage since 1945. The wine showed what draconian berry and vat selection could do under the most difficult conditions. The dark middle in the glass showed off the ruby red border with an orange fringe with a nose swirling with essence of black fruits and with a power to evoke further senses. The taste is full of plum fleshiness with a wonderful, long finish.  »

Thuries Magazine, Guy Carriere、 2002年09月01日
« Le millésime du gel, les séléctions rigoureuses ont permis d'élaborer le meilleur vin possible. Robe encore vive avec de l'éclat. Bouquet très plaisant. Crème de fruits, sous-bois et chêne dans un ensemble expressif. Finesse extrême en bouche, sans dilution. Belle rémanence. Eencore une belle réussite. Les sacrifices consentis ont payé. A servir également sans précipitation.  »

La Revue du Vin de France, Pierre Casamayor、 2002年02月01日
« Un nez sur le fruit confit, avec des notes très fraîches. Equilibré en bouche, avec une matière ronde et charnue, des tanins bien intégrés. Finale réglissée, très expressive. A ouvrir car il a un charme fou.  »

Guide des Vins 2002 des Sommeliers、 2001年07月01日
« Robe rubis foncé aux reflets légèrement tuilés. Joli nez, fin et élégant, évoquant les petits fruits noirs évolués et les épices. Bouche riche, concentrée et remarquablement grasse. Finale opulente. Cabernet-Sauvignon et merlot à parts presque égales sont assemblés à une pointe de petit verdot dans ce très grand vin issu d'un millésime pourtant réputé difficile. La vendange a été particulièrement soignée t la vinification encore une fois bien menée. La faculté que présente ce domaine à proposer avec régularité des bouteilles de qualité n'est-elle pas tout simplement le signe du talent ? »

Wine Magazine、 2001年07月01日
« A rich, cherry nose. Refreshing and sweet, almost fleshy. Palate with cgerry flavoured fruit. A good stylish wine. NM
Fragrant with gingery, redcurrent fruit and vanilla/toasted oak. Supple and attractive with stylish open flavours and a good level of ripeness. Good, sweet, plummy finish. OP  »

ヴィンテージ

閉じる