CHATEAU PALMER > 1971

パルメールワインのスタイルは良く立証されている熟成に達したワイン。
ヴィンテージ情報をダウンロードする
ヴィンテージの特徴

71 年は雨が多くて寒い春が6 月まで続いたために、悪条件の中で開花が大きく影響されました。
結実不良により、ブドウは例年の収穫量の約半分しか得られませんでした。
夏の3 ヶ月間は暑く、雨が少し降ったおかげで実は膨らみました。悪条件の中で行われた開花のせいで不均等な成長だったものの、ブドウはよい条件の中で成熟しました。収穫時期もよい天候が続いたおかげで最適の熟成を待って収穫をすることができました。
ワインは柔らかく果実の味が豊かで、完熟したタンニンを含み、微妙でエレガントです。

収穫:[開始日] 1971年09月30日 [終了日] 1971年10月13日

熟成可能年数

2020+

テイスティング

Enrico Bernardo, 2011年12月01日 :

透明感のあるガーネット色。
野生のハーブ、セージ、キナの樹皮、ローズマリー、タイム、コショウの深みのある見事な香り。
軽快な飲み口で爽やかさに溢れ、唾液の出が良くなるかのようだ。 素晴らしいの一言! 余韻のバランスの良さは信じられない。

Georges Lepré, 2009年02月04日 :

かすかな琥珀色の反映が見られる深い赤色のパルメール1971 年です。
まず芳香はとても強く、甘草、スパイス、インキの香りが初めにあり、少し間をおいて新しいタバコの香り、最後にコーヒーの香りへと移って行きます。 口に含むとしっかりした構造のまわりをまろやかで官能的な調和が包みます。このワインの濃さはあと多くの年月を寝かせられる可能性を与えていますが、当然今から充分おいしく覚味できることは言うまでもありません。

プレス評

Chronique n°100, Jean-Marc QUARIN、 2010年07月15日
« Couleur sombre, moyennement intense et évoluée. Nez fin, présentant un fruité mêlant des notes mûres à des notes plus froides. Il sent bon le cèdre. Bouche fondue et subtile, qui se déroule tout en arômes, sur un corps moyen, avec du gras, une pointe d'austérité et une très belle présence aromatique en finale. A boire maintenant et avant 2020. »

www.franckdubourdieu.com, Franck Dubourdieu、 1995年12月01日
« bon »

, Michael Broadbent、 1989年11月01日
« Au mieux de son apogée, devrait s'y maintenir. Vin d'évolution lente…du moelleux et de la chair, souple, riche, complet, séduisant. A besoin d'air. »

The Wine Advocate, Robert Parker、 1988年12月01日
« Il présente une couleur rubis foncé et exhale le bouquet légendaire de Palmer -baies sauvages, fleurs et cassis.  »

BORDEAUX Aujourd\'hui, Franck Dubourdieu, James Lawther et Christophe Tupinier、 -0001年11月30日
« Ce 71 à son apogée a tout de la petite merveille avec ses riches arômes chocolatés, confiturés, épicés. Suave, fine et gourmande, la bouche a évolué de délicieuse façon... »

ヴィンテージ

閉じる