Alter Ego > 2006

ヴィンテージ情報をダウンロードする
ヴィンテージの特徴

2006年は、全体的に暑い年で、激しい気象の変動が目立ちました。
発芽が3月末と遅れ気味ながら、開花は5月末から6月10日前後の涼しい晴天の中で、つつがなく進みました。開花状態も均一で、特に目立つ花ぶるいもありませんでした。
6月の後半から7月にかけて、猛暑が畑を襲いました(35°C)。幸い、熱く乾燥した気候も、時折降る雷雨に遮られています。こうした気象条件では、葡萄の色つきも早く、7月末には全て色つきが終了しています。
8月には状況が一転します。気温の低下と雨により、葡萄の成熟に大きなブレーキが掛かり、大規模な青摘み(選摘と除葉)を余儀なくされました。8月の降雨量が過去30年間の記録を大幅に上回っていただけに、病気発生の確率も高まり、一瞬たりとも気の抜けない毎日が続きました。
8月末から9月10日前後にかけて猛暑が戻り、気温は35°Cを記録します。これにより、これまで緩いペースで進んできた葡萄の成熟が一気に加速した反面、果皮が傷みやすくなりました。その後の雨季には幸い比較的涼しい日が続いたため、それぞれの区画のブドウを最高の条件で収穫できるよう、毎日細心の注意で畑を見守りました。
収量は中程度以下の20%に抑えられました。
浮き沈みの激しかった気象状況も、偉大なテロワールの葡萄には、品質的にかえって好都合となった感があります。6月と7月に蓄積されたクオリティのポテンシャルが、9月の成熟期に一気に花開いたのです。タンニンの豊かさと力強さが、ワインのエレガンス、繊細さ、深みを損なうことなく表に出ています。

収穫:[開始日] 2006年09月19日 [終了日] 2006年10月02日

アッサンブラージュ

カベルネ・ソーヴィニヨン: 53%
メルロ: 41%
プティ・ヴェルド: 6%

熟成可能年数

2020

テイスティング

紫がかったニュアンスの深い色調。

はつらつとした桃、スミノミザクラ、プラム、ブラックベリーのゼリーの香りに、熟成によるバニラ、シナモンのスパイス香、スミレを想わせるフローラル香、スモークやミネラルのニュアンスが感じられる。

口に含むと、のびのびとした果実味としっかりとした存在感ある柔らかなタンニンが、魅力的な風味となってさっと広がる。とげとげしさがなく開いてゆくこのワインは、申し分ない新鮮味に引き立てられた美しい味わいを呈している。バランス感は衰えることなく続き、長く繊細な持続性を保っている。

魅力溢れるこの2006年は、厳しい熟成作業と理想的なアッサンブラージュに支えられ、本来の持ち味である気品をしっかりと備えている。 飲み頃:2010~2018年

プレス評

Le Grand Guide des Vins de France 2009, Bettane et Desseauve、 2008年09月01日
« Beau fruit, texture élégante, tanin frais et pur, vin de classe et de style, qui évoluera sans doute assez vite. »

International Wine Cellar, Stephen Tanzer、 2008年04月01日
« (53% cabernet sauvignon, 41% merlot and 6% petit verdot) Bright ruby-red. Very ripe aromas of plum, mulberry, chocolate and animal fur. Sweet and reasonably deep, with good definition and energy. Finishes with fairly serious but nicely buffered tannins and very good length. This still needs some time to come together.  »

Carnets de Dégustation, Jean-Marc Quarin、 2007年04月01日
« Très belle couleur. Nez fruité, mais un peu sauvage, pas encore totalement défini. Par contre, la bouche est très structurée. Elle offre du gras et un corps allongé et sèveux, très fruité, qui s'achève sur des tanins et une texture veloutée. C'est très bon. Je pense que le nez s'affinera en cours d'élevage.  »

Decanter, Steven Spurrier、 2007年04月01日
« Deep velvety colour, fresh blackcurrants, full and fleshy, purity of fruit and ripe tannins, masses of charm and elegance.  »

erobertparker.com, Neal Martin、 2007年04月01日
« Tasted at the château. This is a very fine Alter Ego. A cool, mineral nose with blackberry, limestone and a scent of gravel and hedgerow. Very fine definition. The palate is quite attacking, racy acidity and a sharpness that lends this such lift and penetration. Very minerally with a silky smooth, very focused finish of blackberry, cedar and blueberries. More reserved that usual, but perhaps more sophisticated.  »

Gault Millau, Jean-Michel Deluc、 2007年04月01日
« Un vin presque noir de par sa concentration, déclinant sur un dégradé plus violet. Au nez, le vin exprime finesse et maturité sur des arômes de fruits à noyaux. Avec l'aération arrivent les notes d'élevage assez douces: vanille, cannelle, poivre blanc. L'ensemble est soyeux. En bouche, l'attaque est veloutée, le vin coulant, avec une structure soyeuse où les tannins sont doux mais tiennent le vin sur une bonne longueur.  »

International Wine Cellar, Stephen Tanzer、 2007年04月01日
« Bright ruby-red. Very ripe aromas of plum, mulberry, chocolate and animal fur. Sweet and reasonably deep, with good definition and energy. Finishes with fairly serious but nicely buffered tannins and very good length. This still needs some time to come together. »

Vinifera, Jacques Perrin、 2007年04月01日
« Pour la première fois l'assemblage de ce vin comprend 6% de petit verdot. Joli nez, très fruits rouges, épices, relativement linéaire à ce stade. La bouche offre une texture suave, très caressante. L'ensemble est gourmand et équilibré et l'on aurait tort de bouder son plaisir.
 »

Wine Enthusiast, Roger Voss、 2007年04月01日
« The second wine of Château Palmer is dominated by new wood, with high black fruit flavors. The acidity is high, yielding vibrant fresh fruit, but not much concentration. »

Wine Spectator, James Suckling、 2007年04月01日
« Spicy and delicious. Shows loads of fruit, with fine tannins and a long finish. Very pretty and juicy. »

www.greatbordeauxwines.com, Izak Litwar、 2007年04月01日
« delicate, tasty and incredibly charming wine. »

www.jancisrobinson.com, Jancis Robinson、 2007年04月01日
« Excellent depth of crimson. Very full, fresh, ripe fruity aroma – much more so than Pavillon Rouge just tasted in fact. Though a little taut and drily inexpressive on the palate. This is not as early maturing as the original Alter Ego mission statement might suggest. Very easy on the finish though. Well made by a gentle hand. Slightly hollow towards the finish. Juicy, sweet crunchy fruit – hint of spice (because of the Petit Verdot?). Just a lack of impact on the back palate.  »

Wine-Times, Helmut O. Knall、 2006年12月01日
« nc  »

BORDEAUX Aujourd'hui, Franck Dubourdieu, James Lawther et Christophe Tupinier、 -0001年11月30日
« Nez floral, fruité, sur des notes de cerise noire. La bouche est charpentée et bien équilibrée entre une certaine rigueur et le velouté des tannins. Beau classique. »

ヴィンテージ

閉じる